ポンチ生活記

ポンチ生活記/マンガ家田代哲也の日常記録

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--|
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. スポンサー広告

    PENTAX DA 12-24mm F4

  • 2011/07/27(水) 20:05:29|
  • 魚眼レンズほど過剰に歪まない、ギリギリのラインの超広角レンズ。


    井01


    室内の取材、学校の校内、結婚式等イベントの記録、広大な風景、高い建物
    これからはこれで、たいていのものが一枚に収まります。

    ずっと気になっていつつも、大きさや値段で二の足踏んでいたのですが、
    文化祭準備の忙しさのどさくさでAmazonでポチり。
    買って悔い無し…どころか大正解。

    画角の満足はもちろんのこと、写りも好み。
    特に空の青が。
    青の鮮やかさ5割増しの大サービス。
    四隅の歪みも減光も、超広角なのにずいぶんと抑えられています。



    <比較>

    キットレンズの最大広角18mm

    井02



    DA12-24の最大広角 12mm

    井03



    この画角の違いによって、高いビルも後ずさりせずに収まる収まる。




    井04



    井05



    井06



    井07



    井08



    井09



    井10

    壁沿いから撮ると、絵を描く人なら
    「なんじゃこりゃ」と思うであろう超パース。



    井11



    井12



    井13



    井14

    東京都庁舎 地上243m



    井15

    こんなに高いビルなのに、消失点が近い。





    井16



    井17



    井18



    井19

    ↑コクーンタワー、高さ200m 地上50階建て


    井20



    井22



    井23



    井24


    今年に入ってこのレンズの後継機種「DA12-35mm」開発の噂が立ちましたが、
    実際持ってみたら、「いっそ最大広角のところでガムテ貼るか!」というくらい
    12mmしか使わないので(今のところ)、仮に年内に12-35mmが出たとしても
    悔しい思いはしないものと確信しました。


    今のところ難点は、
    これで集合写真を撮ると、後列の人の顔がやや小さくなってしまうことと、
    画面の端ギリギリに人の顔をおけないこと。(歪むから)
    ハード的には、遮光フードがたいへん大きくて持ち歩きにくいこと、くらいです。
    スポンサーサイト
    1. 未分類
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    次のページ

    CALENDER

    06 | 2011/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    プロフィール

    fctash

    Author:fctash
    ・マンガ家・イラストレーター
    ・東放学園高等専修学校
     イラストアーツ講師
    ・東放学園映画専門学校
     アニメーション映像科講師

    田代哲也HP「ポンチ生活」
    http://tash.eek.jp

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。